床拭きロボット ブラーバジェット240のパッドの追加購入のポイント

twitter google+ LINE はてなブックマーク

「床拭きロボット ブラーバジェット240」では、床を拭く部分は専用のパッドを購入する必要があります。

ここでは、いくつかある専用パッドの特徴を取り上げます。

パッドによって動作モードが自動的に決まる

購入前に把握してもらいたいこととして、機器に装着したパッドによって、自動的に運転モードが決まるという点です。

このため、カラ拭きしたいのに、水ぶき用パッドを買ってしまうと、自動的に水拭き用モードで動いてしまいます。

この点、注意しましょう。

繰り返し利用可能なパッドと使い捨てパッド

「床拭きロボット ブラーバジェット240」のパッドは、繰り返し利用可能なものと、使い捨ての2種類があります。

繰り返し利用可能なものは、3種類1セットで販売しています。

一方、使い捨ては、3種類、それぞれ別売りとなっています。

まずは、繰り返し利用可能なものが良いのか、使い捨てが良いのかを選びましょう。

繰り返し利用可能なパッド

繰り返し利用可能なパッドは2つの水拭きモード用のもの2種1枚ずつと、カラ拭き用の1枚、合計3枚セットで販売されています。

ポイントとしては、洗えば繰り返し使えるという点と、水拭き用には洗浄剤がついていないという点です。

使い捨てを買って何度も買い足すのが嫌な人向けです。

使い捨てパッド、3種類の違い

使い捨てパッドには3種類あります。

自分の用途に応じて選びましょう。

水拭き用2種類の違い

水拭き用は2種類あります。

一つは、ウェットモップモードと呼ばれるモード用。青色のパッドです。左右に動きながら掃除します。

もう一つはダンプスウィープモードと呼ばれる用。オレンジ色のパッドです。直線的な動きで掃除します。

どちらも洗浄剤がついているので、床を綺麗にできますが、動きが多少異なります。

どちらがお薦めかですが、よりきれいにしたいのであれば、青色のパッドを選びましょう。

カラ拭き用

カラ拭き用は1種類、白い色のパッドが用意されています。直線的に掃除します。

お薦めのパッドはどれか

いくつもあるパッドのうち、お薦めを一つ紹介するのであれば、「使い捨ての青色のパッド」です。

使い捨てなので、いちいち洗濯する必要はありません。

また、洗浄剤がついているため、繰り返し利用可能なものと比べても床を綺麗にできます。

繰り返し利用可能なパッドは望まなくても3種類ついてきてしまい、そのうちの1つしか使わないのであれば、それだけで割高になりますが、使い捨ては種類を選べ、その種類のものが多く購入可能です。

水拭きができることが売りの機器ですので、あえてここでカラ拭き用を買うのもどうかと思いますので、そうであるならば、水拭き用の洗浄剤がついている使い捨てをお薦めします。

水拭き用の使い捨ては青色とオレンジ色の2種類ありますが、よりきれいに掃除するモードで利用できるのは青色です。

以上のことから、青色の使い捨てパッドをお薦めしておきます。

購入は全国の家電量販店やオンラインショップ、もしくはオフィシャル通販サイト「iRobot Store」にて。

使い捨てパッドの適正価格は1300円前後ですので、amazon.co.jpの外部ショップによる割高販売にはご注意を。